整体師になるには一流の資格が求められる~険しき道を乗り越えろ~

勉強

医師と医療を支える裏方

スムーズな診察を補助する

医師事務作業補助とは、文字通りですが医師が行う事務的な作業、例えばカルテの入力から診療報酬の計算、処方箋の作成や診断書などの文書の作成などといった作業を補助することで、「医師事務作業補助者」などといった職名で呼ばれることがあります。医師事務作業補助は医師が診察・診療に集中することと、次々と訪れる患者に素早く対応するために役立っています。医師事務作業補助はパソコン、とりわけ電子カルテやレセプトなどといった専用ソフトを用いて、医師が指示した内容を次々と入力していきます。素早さと正確さが必要とされますが、誤りがあってはいけないので確認をためらわないことも必要となります。医師事務作業補助が円滑に作業できると医師もスムーズな診察・診療を行うことができ、結果的に医療サービスの質が高まることが期待されます。

基礎知識を知っておこう

いくら事務的な作業の補助だからといって、パソコンさえ使えればいいのかといえばそうとも言い切れません。もちろん、パソコンの基本的な操作ができることは必須です。しかし実際に使うのは医療用の専用ソフトなので、ソフトの操作にも慣れる必要があります。また、診察・診療の中で医師の口から医療の専門用語や略語が頻繁に出てきます。実務の中で覚えることもできますが、基礎的な医療用語についてあらかじめ知っておくと、医師事務作業補助もスムーズになりやすくなります。医療用語も様々な辞典があるのでわかりやすいものを選んで目を通しておくのも一つの手段です。医師事務作業補助者を養成する講座等も様々に開講されており、ソフトの操作や医療の基礎知識をある程度習得してから実務に就くと即戦力になりやすいでしょう。